ラー麺専門店 こしがや@越谷で極上なラーメンが食べられる?

ramenkoshigaya06はい。またまたラーメン店へ行ってきましたよ!しかし、ホントラーメンの記事が多いな、このブログ。。笑
というわけで今回は、たぶんもう10年以上は営業されている、越谷の名店「ラー麺専門店 こしがや」へ行ってきました。
私も越谷に住んで10年以上になりますが、冬になると食べたくなるような、どこか懐かしくも至高の一杯なので、寒くなってきた今年も早速足を運んだ、というわけです。

が!!!しかし!!!

なんと、店主が変わっているじゃないですか!

早速ネットで調べてみると、どうやら今年2016年の4月で、前の店主は引退となり、現店主へ引き継いだようです。
ということは、あのラーメンの鬼「佐野実」を継承している店主さんは引退となってしまったので、現店主は孫弟子みたいなもんでしょうか。
となれば、その味が以前と変わらず保たれているのか?味だけじゃなく、何かの変貌はあるのか?なども気になるところですので、その辺りもチェックしてきましたので、お店へ行く前にチェックしてみてくださいね!

toumei

ラー麺専門店 こしがやのメニュー紹介。おすすめはどれ?

で、まずは恒例のメニュー紹介ですが、まあまずはメニューを見てみてください。

ramenkoshigaya01

基本は塩と醤油の2種類で、それらにそれぞれワンタン付きと、チャーシュー増し、またはワンタンとチャーシュー増しのチャーシューワンタンメンがあります。
濃厚な味がたまらない、たしか名古屋コーチンの卵で作られた「味付け煮玉子」はトッピングで100円ですね。これオススメです。
そして、いつも悩むのが「塩」にするか「醤油」にするか、なのですが、初めての人はスープがストレートに堪能できる「塩」がオススメですかね。
あ、でも醤油の良さが際立ったあの醤油スープも捨てがたいんだよなぁ。。

まずは一番のウリ「塩ネギワンタンメン」980円 レビュー

というわけで、今回は店主が変わって初来店ということで、一番のウリ(であろう)「塩ネギワンタンメン」を食べてきましたよ!
ジャン!

ramenkoshigaya03
見た目は以前と変わらずに、黄金色の塩スープが美しいです。
で、最近歳のせいか、忘れっぽくなってきていて、、、以前から愛好していた「名古屋コーチン味付煮玉子」のトッピングをし忘れる、という大失態^^;
これはまた次回に再チャレンジ、ということで。。

ラー麺専門店 こしがや自慢のスープのお味は?

で、肝心の「塩ネギワンタンメン」ですが、まずはスープから、、、
「うん、旨し!」
名古屋コーチンの丸鶏とガラをじっくり炊き出して、本枯節、焼あま海老をプラスしたという、上品ながらもどこか昔懐かしい、旨味あふれるスープは、以前と変わらずに美味かったです!
味付けはやや薄味で、スープがじっくり堪能できる絶妙な塩梅です。
しかし、このスープが飲める越谷市民は幸せだよな、と思う今日このごろです。ホント。いやいや、大げさじゃありませんよ。豚骨をガッツリ炊きだして、大量の魚粉を入れたラーメンが全盛の現在で、丸鶏と鶏がらの懐かしいスープが、極上のクオリティで味わえるお店なんて、そうそうないですから。
まだ食べたことがない越谷市民は、越谷駅近辺に来たら、ぜひ食べてくださいね!

ラーメンは麺料理!と豪語する、その麺は、、?

で、次に楽しみなのが、こちらの麺ですね。
岩手の新品種小麦「ゆきちから」を国内で初めて使ったという、店内で仕込むその自家製麺は、ストレートな細麺で、しなやかでツルツルとした喉越し。それでいてモチモチ感とコシが同居しているような、とても極上の麺です。
当然、自家製麺だからこそ、アルコールや着色料、化学調味料などは一切使っていない安心の麺だそうです。

ramenkoshigaya02

店内POPより

また、茹で加減についてですが「ラーメンは固茹ででしょ!」という方には、少し柔らかい印象があるんですが、このしなやかさとツルツル感を出すには、コレぐらいの茹で加減が丁度いいのは、私は知っている。。笑
なので、固めが好きな方は、嫌がらずに食べてみてください。
あと、これは以前からなんですが、麺同士が絡んでしまい食べにくいのは、麺を茹でる時に平ザルじゃなくて、縦型のテボを使っているからなのでしょうか。これが絡んでなかったらカンペキなんですけどね^^;
佐野実氏は昔テレビで平ザルを使っていたような気がするのですが、それは継承されていないんでしょうかね。

ちなみに、麺の量は少し多めで、フツーのラーメン屋さんが120g程度の麺のところ、こしがやでは160gと少し多めですので、個人的にはとてもうれしいですが、少食な女性の方は「少なめ」にもできるようなので、注文時に言ってみてください。
この麺の量とワンタンと味玉、となると結構なボリュームですよ^^

ramenkoshigaya04

しなやかで、ツルツルな喉越し。ちょっと柔らかめだけど、それがいい。

具もハイグレード!

ここまで、スープ、麺ともに、良質な素材を使って、上品かつハイグレードに仕上がっているのが確認できたわけですけど、次は具材ですね。
塩ネギワンタンメンには、チャーシューが1枚、ワンタンが4つ(かな?)、メンマ、揚げネギ、ネギ、ほうれん草(かな?)が乗っているわけですが、まずはこのチャーシュー。程よく柔らかくて、しっかり味があるかなり上質なチャーシューです。
大麦豚の肩ロースを、フランス料理の手法「コンフィ」により、柔らかく仕上げつつも肉の旨味を逃がさない手法は、ラーメンの鬼 佐野実氏直伝のものなのか、とか考えつつ「ああ、チャーシュー麺にすれば良かったかな、、」と言う言葉が脳裏によぎること請け合いです^^
あと、アクセントとなっているのが「揚げネギ」ですね。上品な塩スープを壊さずにしっかり馴染んでいるあたりが流石と言えます。
で、注目の「ワンタン」ですが、生海老と国産の鶏もも肉が入ったプリプリの餡をツルッツルな生地が包み込んだ、一口で頬張るのが難しいぐらい大きな逸品です。これがたしか4つも入ってるので(必死で食べてたら数忘れましたw)満足度もバッチリな上に、やはり上品な味付けは、スープの良さを壊しません。こちらも流石です。

ramenkoshigaya05

上品なスープを壊さないワンタン。

というわけで、今回はウリの1つである「塩」味をレビューしてきましたが、最後は、スープ、麺、具材のバランスについて書いていきます。
まあ、これまで書いてきたとおりなんですが、一つ一つが高クオリティな具材は、基本的には薄味でして、その上品なスープの味をまったく邪魔しないどころか、単調になりがちなスープにアクセントを持たせる役割をしっかり果たしている、素晴らしいバランスの上に、このラーメンは成り立っています。
少し柔らかめに茹でられた麺だって、その風味と喉越しを味わうにはベストは茹で加減ですし、スープとの相性もバッチリです。
大きめな器にたっぷりと注がれたスープでも、全て飲み干してしまうほどの高クオリティな一杯です。
越谷自慢の一杯ですね。
ちなみに、次回は醤油もぜひレビューしていきたいと思いますので、こちらもお楽しみにどうぞ。あ、あと味付煮玉子も忘れずに食べないと。。

店主が変わっても、そのグレードは変わらず。。。なのか?

久々に来店してみたら、店主が変わっていた、ということで、若干の不安を感じながら、味玉をトッピングし忘れながらも(笑)食べてきましたが、上記のレビューを読んでいただいたとおり、以前とそのクオリティは変わらずでした。
「ラー麺専門店 こしがや」をバッチリ継承しているようですので、以前からのファンも安心して来店してみてください。

で、せっかく若め(?)な店主に変わったんだから、何か良い意味でも変わった点は無いのかな?と思いますよね。
私も以前の記憶がやや曖昧なところがあるので、詳しくは分かりませんが、まず特筆すべきところは、お店の専用駐車場が出来た、ということでしょう。
以前は向かいのコインパーキングに停めたりしていましたが、今はお店の真裏に10台ぐらいの専用駐車スペースがあるので、車で来店する際にはうれしい変更点ですよね。

ramenkoshigaya07

お店の横を入っていくと、駐車場があります。下の「独立開業支援」というのは謎ですが。。

そして、なんと!2号店発見か!?

上の駐車場看板の「独立開業支援」の文字が個人的にとても気になりつつ、、(と言っても、私がラーメン屋を開業したいわけじゃないですよ)
「らーめん こしがや」を何気なくネットで検索していると、、、

なんと「2号店」発見!
らーめん専門店こしがや 一宮店として、これまたなんと「愛知県一宮市」にオープンしているじゃないですか!

おーーー!きっと独立したい人がいたら「らーめん こしがや」をFC(フランチャイズ)展開していこう!みたいな会社さんが、「らーめん こしがや」を継承した、という感じでなんでしょうか。
もしくは前店主が後継者の育成に力を入れ始めた、とか。私の勝手な妄想ですがw

まあ、ぶっちゃけフランチャイズ展開すると、味の均一化とか、オペレーションの問題で、どうしてもクオリティが落ちてしまうと思うので、その辺はめっちゃ心配ですが、、。
ここ、こしがや本店だけは、味を守ってくださるとうれしいです(切実)
いや、味を守らなかったら、多分こしがやのラーメンファンを一気に敵に回すので、まじでしっかりやってくださいよーー^^;ホント。

>2号店「らーめん専門店こしがや 一宮店」情報はこちら

ラー麺専門店 こしがや 店舗情報

※以下の情報がこの記事執筆時点での情報ですので、今後変更になる場合もございます。ご了承ください。

アクセス

埼玉県越谷市越ヶ谷1-12-19
東武スカイツリーライン「越谷駅」から徒歩10分弱ぐらいかな。
駅から商店街を抜けてこれるので、飽きずに歩けると思います^^

営業時間

昼:11:00~15:00
夜:18:00~21:00(ラストオーダー20:50)

定休日

木曜日

駐車場はあるのか?

お店のすぐ横を入っていった裏手に10台分の専用駐車場がありますので、安心ですね。

子ども連れでも行ける?

店内は全てカウンター席となっていますが、カウンターに座れる程度のお子さんならOKでしょう。
ただし、麺の量は多めなので、お子さんで1人前は無理かと^^

行列はあるのか?待ち時間は?

時間帯によっては多少の混雑もあるようですが、基本的にはそんなに混んでいない印象です。
ご安心ください。

それでは、また定期的にお邪魔しますので、このハイグレードなクオリティ、保ってくださいねーー!
ご馳走様でした!

share