レイクタウンの4DXを徹底調査!行く前にぜひご覧ください

2016年4月23日、越谷レイクタウンのイオンシネマに、遂に話題の4DXが導入されるということで、早速行って参りました^^
まあ、ぶっちゃけ、4DXで映画を見ると、大人一人3,200円ほどかかりますが、それでもこの興奮は一度体験してみてほしいんです。
というわけで、越谷にあるイオンレイクタウンの映画館で、4DXを小学生の娘といっしょに体験してきましたので、これからご家族で行こうと思ってらっしゃる方、カップルで楽しんじゃおう!と思っている方、一人でも大丈夫かな?と心配されている方、行く前にぜひこの記事を読んで、予習しつつ、4DXの世界を存分に楽しんで来てください!

4DXの映画館が増えてきた!

遂にレイクタウンの映画館にも4DXが上陸、ということで、とてもワクワクしておりますが、今まで埼玉では、ららぽーと富士見や、ユナイテッド・シネマ春日部、入間などでしか楽しめなかったんですよね。

私も最初に4DXを体験したのは、平和島にあるシネマサンシャインでしたからね。
当時たしかアメージング・スパイダーマン2が4DXで上映される、ということで、埼玉の越谷からわざわざ平和島まで出向いて、競艇場を横目に映画を楽しんだ記憶があります。

これがまた平和島に行っても、競艇以外に他に何にも楽しげなところがないので、結構辛かったですけどね^^;
まあそれほど、映画ファンにとっては、注目の施設だ、ということですね。

4DXとは?

そもそも4DXとは、何なのか?というところを簡単に書いておきますと、公式サイトによると、

4DXは、映画を鑑賞するという枠組みを鑑賞から経験に変えることで、まるで映画の中いるような体験型映画を提供する次世代の映画館です。

とのこと。
これじゃあ、何が何やらよく分かりませんが^^;
要するに、通常の劇場とは違って、椅子が動きます。動くと行っても、シートベルトが必要無い程度で、グリングリン振り回されるほどではありませんので、小学生ぐらいのお子さんでも充分に楽しめるかと思います。

4dx

ポップコーンも一応OKだよ。

で、その4DXモーションチェアと呼ばれる動く椅子に加えて、風が吹いたり、水しぶきが飛んできたり、何か臭いが充満してきたり、という環境効果と呼ばれる演出が組み合わさって、映画を盛り上げてくれるのが、4DX対応の映画というわけです。

ただし、乗り物酔いし易い方や、雰囲気にのまれやすい方は、慣れるまでちょっと辛いかもしれません。

4DXを見る時の注意事項

4DXを見る時の注意点としては、まずは身長が100cm未満の子どもは入場できない、というところと、妊娠中の方や身体に障害のある方、あとは乗り物酔いしやすい方も利用できないようです。
詳しくは公式のこちらをご覧ください。

4DXの評判は?

そもそも2013年から日本に上陸していた、この4DXですが、すでに体験している利用者の評判をいろいろ見てみましたが、概ね皆さん楽しんでいるようですね。
私も含めてですが^^

4DXを体験した人の感想は大半が、

「もはや映画じゃない!アトラクションだ!」

などの、そのグリグリ動くアクション性と風邪などの刺激が、もはや映画の枠を超えている、という意見が多いですね。

逆にあまり感動していない方の意見としては、

「アトラクションとしてはいいけど、映画をじっくり観られない、、、」

などの意見があるようですね。
まあ、これについては「じゃあ、家で見てろ」としか言いようがない意見ですので、
映画を「楽しみたい!」という人には、4DXは最高だと思いますけどね。

上映作品によっては微妙かも

先ほどは、映画を楽しみたい人には最高な4DXと書きましたけど、私もすでに様々な映画を4DXで見ておりますが、やっぱり上映作品によってその効果が左右されると感じています。

今まで4DXで観た映画の中で、その迫力と演出によって4DXにピッタリだな、と感じたのは、
アメージングスパイダーマンや、ジュラシックワールド、などのアクション系の映画に限りますね。やっぱり。

逆に、トゥモローランドとかオデッセイなどの、そんなにアクションないよね、という映画では、

「あ、これ4DXじゃなくていいな。。」

と感じたのも事実ですね。
ですので、個人的には、マッドマックスとかスターウォーズなんかの、カーアクションとか空中での戦闘シーンなんかがある映画が最高じゃないかと思っています。
あ、でもこれらの作品は見れてないんですよね^^;残念。

4DXでは3Dメガネは必要なの?

4DXを初めて体験する人はきっと、

「当然3Dメガネも付けるんでしょ?」

と思うかもしれないんですが、
実はコレ、3Dじゃない4DXの作品もあるんですよ。2Dの4Dって、まさかの3Dを飛び越えての展開に戸惑うかもしれませんが、作品は通常の立体じゃない平面作品でいて、イスは動くというパターンがあったりもしますので、
個人的にはどうせ4DXを楽しむんなら、ちゃんと3Dメガネをかけて、視覚からの刺激も存分に味わいたいところではあります。

hero_poster

どうせなら3Dの作品で楽しみたい!

字幕版と吹き替え版にご注意!

3D作品が増えてきたことからか、個人的には最近はもっぱら吹き替え版の映画しか観なくなってしまったんですが、この4DXの3D作品でも、字幕版と吹き替え版があるので注意が必要です。

ただでさえ3Dの字幕を読んでいると、せっかくの臨場感を味わえずに文字を読むハメになるわけですが、この4DXでは、さらにせっかくの臨場感の体験を棒に振ることになります。

イスがグリングリン動いて、風と雨が吹き荒れる中、飛び出てきた「字幕」をひたすら読まなくちゃいけないなんて、なんの苦行だよ、と思うわけです^^;

4DXの料金はいくら?

「よし、じゃあ早速レイクタウンの4DXで映画を観よう!」

となったときに、気になるのがその値段ですよね。
あんまり高いんじゃ、そうそう行けないですしね。しかも家族全員分となれば、単純に予算が厳しくなりますので。

というわけで、4DXの料金ですが、公式サイトから抜粋しますと、

4dxryoukin

通常の映画の鑑賞料金にプラスして、
2D作品がプラス1,000円。
3D作品がプラス1,300円、さらに3Dメガネ代が100円で、計1,400円です。

ということは、通常大人の鑑賞料金が1,800円なので、3D作品の場合は合計で、
大人一人3,200円ということになりますね。
もちろん、子どもは子供料金プラス4DX料金なので、大人よりも安くなります。

ややこしいので、表にまとめてみました。

  通常鑑賞料金 4DX込み(2D作品) 4DX込み(3D作品)※メガネ付
一般 1,800円 2,800円 3,200円
学生(大高生) 1,500円 2,500円 2,900円
小中学生 1,000円 2,000円 2,400円
幼児(3歳以上) 900円 1,900円 2,300円

※各種サービスデーや割引にも対応で、前売り券の方もプラス1,000円で鑑賞できるようです。
※こちらの料金表は当ブログ管理人が勝手にまとめただけのモノですので、詳しくは直接劇場へお問合せ下さい。

うちは大人二人と小学生の子どもが一人の3人家族なので、一回4DXの映画を観ると、合計で9,000円かかる計算になりますね。
まあ、実際には3Dメガネはすでに持っているので、300円引きの8,700円です。
これが高いか安いかは、、、

あなたが実際にご覧になって、感想を教えて下さいね!

ポップコーンを食べながら見ていいの?ドリンクなどの飲食について

映画館の定番と言えば、ポップコーンですよね。
私自身は映画を真剣に観るために、あえてポップコーンなどは館内に持ち込まない主義ではありますが、ウチの家族は「映画館と言えばポップコーン」という昔ながらの習わしを着実に守っている方たちです^^

そんな、ポップコーンなどのお菓子やドリンクなども、映画館の楽しみの一つと考える人達にとっては、果たしてイスがグリグリ動く4DXでの飲食はできるのか?というのが心配なところかと思います。

で、まあ、結論から言えば、4DXの映画上映中の飲食はOKとなります。
しかし、当然の事ながら、その映画館で購入した食べ物や飲み物以外の持ち込みは禁止となります。

というのも、もし上映中にドリンクの中身が飛び出してきてこぼれてしまい、隣の人にかかってしまったら、
もし、熱々のホットドリンクをこぼしてしまい火傷をしてしまったら、などなど、そんなトラブルがあった時に映画館側としては、劇場以外の場所で購入したモノについては、面倒見切れないじゃないですか。
そもそも外から持ち込んできた飲食物なんて、映画館用には出来てないので、こぼれやすくなっていても不思議じゃないですからね。

また、飲食はOKなものの、ホットドリンクやアルコール類、あとはポップコーンを置くトレイなどの持ち込みも禁止されていますので、冷たいドリンクで喉をうるおす程度で考えておいたほうがいいですね。
個人的には映画館で売っているアイスコーヒーが激マズなので、ちょっと勘弁してほしいですけどね^^;

まあ、そんなわけですので、上映中のポップコーンとドリンクはOKですけど、ちゃんと映画館で購入してくださいね。
(ホントはスタバとかで買って行きたい。。。)

1bbf3e21692c9d5abe8b2dd9be7d5fe2_m

 上映作品は次々に変わるから、見たい作品があったらすぐに見ちゃいましょう。

というわけで、ここまでこの記事を読んできたあなたなら、

「もう早く行きたくて、たまらん!」

となっているに違いありませんが、

というのも、こういったシネコンと呼ばれる映画館にはいくつものスクリーンがあって、同時にいろいろな映画が上映されているわけですが、4DXの設備がされたスクリーンというのは、その中のたった一つだったりするわけです。
イオンシネマの越谷レイクタウンでは、10個あるスクリーンのうち、1番スクリーンが4DX対応のようです。

その中で、次々にいろんな作品を4DX対応にしていくわけですので、

「あー、この作品観たいな、、、」

なんて言っているうちに、次の作品に切り替わってしまっている、というのがザラに起きます。
ちなみにレイクタウンに4DXが上陸した4月23日からは「ズートピア」が上映されるわけですが、次の週の29日には、もう「シビルウォー」に切り替わってしまうんです。
チャンスはたったの1週間ですよ。
週末にしか行けないことを考えると、チャンスはたったの2日間です。
見たい作品があるなら、即決でいきましょう!

というわけなので、今後人気度によっては4DX対応のスクリーンも増えるかとは思いますが、今のところはすぐに作品が入れ替わってしまうと思われますので、4DXで見たい作品があったら、躊躇せずに今すぐ見に行ったほうが懸命ですね。

人気作品を4DXで見るなら、ちゃんと予約しましょう。

そこで、早速、

「よし、4DXを観に行こう!」

と思ったあなた、ちょっと待って下さい。
ちゃんと予約はしましたか?

イオンシネマでは、「e席リザーブ」という、パソコンやスマホで、オンラインでのチケット購入ができるサービスがあります。
先程も書きましたように、4DXでの作品は上映期間が極端に短いために、人気が集中することが予想されますので、当日映画館でチケットを買うとなると、すでに売り切れている可能性が高いです。

ですので、e席リザーブのチケット予約サービスを使って、前もってチケットを購入しておくのがベストですね。

eseki

ちなみに、このオンラインチケット予約サービスは、上映の2日前から購入が可能なようですので、
土曜日に行きたい人は、木曜日からチケット予約開始で、日曜日に行きたい人は、金曜日にチケットが予約できるようになりますので、しっかりと前もって予約をしておきましょうね。

早めに予約をしたほうが、いい席が取れるので、やっぱり予約はしたほうがいいですね。

座席はどこがいい?最前列は?

映画のチケットを予約する時に悩むのが、座席の位置ですよね。
ちなみに、イオンシネマ越谷レイクタウンの4DXのスクリーンは1番スクリーンなので、このスクリーンはそんなに大きなスクリーンではないので、個人的には真ん中より少し前の方が、迫力が感じられて、おすすめです^^
具体的にはE列が一番おすすめです。

一番後ろがゆっくり落ち着いて鑑賞できるので、人気だったりもしますが、せっかくの3D作品を4DXで観るのなら、なるべく迫力が感じられる座席で観たいですよね。
ちなみに私は最前列にまだチャレンジしたことがないので、最前列で4DXを体感した方の感想お待ちしてます^^
でも、後ろから見ている限り、煙が出てくるのがスクリーンのそばなので、モクモクしすぎていてちょっと辛そうでしたけど 笑

レイクタウンの4DXで「ズートピア」をレビューします。

というわけで、早速レイクタウンの4DX第1弾「ズートピア」を見てきましたが、
まず、作品としては、さすがディズニーですね。
スリルあり、笑いあり、どんでん返しありで、最高のエンターテイメントに仕上がっていました。

で、問題なのが4DXとの相性ですが、これもなかなか良かったですよ。
電車に乗るシーンなんかでは、館内に吹く風が気持ちよかったですし、ほどよいアクションシーンなんかも、ちょうど小学生の子どもも楽しめるレベルで、楽しかったです。

注意点としては、このズートピア、途中雨のシーンが多いんですけど、4DXの特殊効果の水しぶきが結構降りかかります。
私なんか、しょっちゅう3D眼鏡を拭き拭きしてましたからね。
水しぶきが嫌な人は、「ウォーターOFF」ボタンを押しておいたほうがいいかもしれません。

ていうか、4DXとは関係ないですが、日本語吹き替え版では主役のウサギ「ジュディ」の声を、女優の上戸彩さんが担当しているのですが、これが意外とハマっていて良かった感じです^^
上戸彩と言えば、私は金八先生しか見たことがなかったので(古っ)その女優っぷりは存じあげなかったのですが、この声優っぷりを聞く限りは、なかなかの女優さんなのかな、とか思ったりしています^^

こちらの動画で、上戸彩さんの声優っぷりをぜひ見てみてください。↓↓↓

越谷レイクタウンのイオンシネマ4DXの感想まとめ

というわけで、ついにレイクタウンにも4DXが上陸ということで、うれしくなって長々と書いてしまいましたが、いかがでしたでしょうか。

4DXを楽しむためのポイントをまとめると、

  • 4DXは妊婦や障害者、乗り物酔いをする人はダメ。
  • 作品には2Dと3Dの作品がある。
  • 字幕版と吹き替え版に注意する。
  • 3D作品の4DXで、料金は大人一人3,200円かかる。
  • ポップコーン&ドリンクの飲食はOK!
  • おすすめの座席は真ん中らへん。
  • 上映作品は次々に変わるから、見たい作品があったらすぐに観る。
  • 人気作品を4DXで見るときは、前もって予約をしておく。

という感じですね。
これらのポイントをチェックして、いざレイクタウンのイオンシネマへ、4DXを楽しんで来てください!

いってらっしゃい!

 

share